靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

  • フランチャイズ募集
  • 店舗を探す
  • 靴専科Facebook

革靴やバッグも安心♪ 梅雨対策

普段から革靴やバッグを使っている人は、雨に備えたお手入れをしましょう。雨や湿気は革靴やバッグの大敵です。最近は突然の豪雨も珍しくないですし、濡れてしまっても傷まないように、普段から対策をとっておく事が大切です。という事で、特集第1弾としてご家庭でできる革靴の雨対策を特集します。

革靴の梅雨対策

革靴の雨による「シミや劣化」予防の基本は普段のお手入れ!

①油分の補給

新品はワックスが効いているので、濡れてもすぐ拭けば大丈夫。でも、使い込んで革に潤いがなくなってきた革靴は、専用のクリームで保湿! クリームが革に十分浸透すると、その油分が水気を弾き、雨対策になるんです。

保湿前・保湿後

今回の油分補給の作業

②防水スプレーでコーティング

油分を補給した後は防水スプレーで革靴の表面をコーティング。

靴専科で販売中!! 防水スプレー(あめがーど)の使い方

  • スプレーは革靴から15~30センチ程度離して、ムラにならないように薄くかける。

  • 全面に満遍なくドライヤーの温風をあてる。

  • 風通しの良い場所で乾燥させる。

効果を発揮するためには、スプレーした後しっかり乾かす事が重要です。外出前に防水スプレーを使う方がいらっしゃいますが、「防水、撥水」の効果は完全に乾いてから発揮されます。防水スプレーの湿気が完全に乾くように、ゆとりを持ってお手入れしましょう。

ここで注意!!

保湿と防水を徹底しておけば、雨で濡れても革製品のダメージは抑えられます!

雨対策ならプロにお任せ! 靴専科の「撥水加工」

ご愛用の革製品に合うお手入れ用のクリームが分からない場合は、店頭までお気軽にご相談ください

お近くの店舗を探す

革靴の梅雨対策

雨に濡れた革靴をケアせずに放置すると革が傷んでしまいます。そのまま放置すると、型崩れや色落ち、シミの原因にもなります。雨の日に履いた革靴は、すぐにお手入れをすることが大切です。

①水分を拭き取る

①水分を拭き取る

吸水性の高い布でたたくようにして水分を拭き取る。ゴシゴシこするのは禁物! こすると革を傷め、シミの原因にもなるので要注意!

②水分を拭き取ったら、しっかり乾かす!

②水分を拭き取ったら、しっかり乾かす!

新聞紙・わら半紙などを入れて風通しのいい場所で乾かす。酷く濡れている場合は、ドライヤーを使用する。

③乾燥後のお手入れ

クリームでお手入れ+防水スプレー (梅雨対策のお手入れ)

靴・バッグのお手入れガイド 雨の日のお手入れ

撥水・防水効果を高める方法

防水スプレー(あめがーど)の効果が落ちてきた場合はどうすればいいの?

防水効果が落ちてきたと感じたら……。実はドライヤーを使うと、防水スプレーの防水機能を回復させる事ができるんです!方法:ドライヤーの温風をあてるだけ!

ドライヤーの熱によって防水成分を溶かし、再コーティングさせる事ができるので、防水効果が戻ってきます。

靴専科の“ちょっと”コラム

防水と撥水の違いってよく分からない。簡単に違いを分けると、撥水は水を弾く機能で防水は水を通さない機能です。防水スプレーは厳密には水を防ぐスプレーという広義で、撥水成分が含まれている事が多く、靴専科オリジナル防水スプレーの「あめがーど」はフッ素系の撥水成分で素材をコーティングし、防水しています。ドライヤーの熱で防水機能を回復させるというのは、厳密にはフッ素の原理で熱によって撥水表面が一時的に回復するため、防水効果がもどってくるのですよ。

ここで注意!! 雨に濡れた革の靴やバックを乾かす場合は「冷風」で全体を均一に乾かす(ドライヤーの代わりに扇風機やエアコンの冷風でもOK)。

靴専科オススメのシューケア用品

  • あめがーど

    ¥2,200(税抜)

    大切な靴やバッグを、汚れや水滴から守ります。革素材はもちろん、スエードやヌバック、布地にも使用できます!

  • あめがーどミニ

    ¥800(税抜)

    大切な靴やバッグを、汚れや水滴から守ります。革素材はもちろん、スエードやヌバック、布地にも使用できます!

  • 防カビミスト

    ¥1,000(税抜)

    大切な靴やバッグをカビから守ります。革製品のカビ発生を抑えるだけでなく、空間の防カビ対策として、押入れ・クローゼット・下駄箱などの保管場所にも効果を発揮します。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください。

店舗のご案内