靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

  • フランチャイズ募集
  • 店舗を探す
  • 靴専科Facebook

革製バッグの汚れ

革製バッグの汚れ写真

革本来の質感を保ちながら、表側・内側等の
クリーニングができ、クリーニング後、
傷や色落ちした部分を全体の色に合わせます。

クリーニング内容

当社開発のオリジナル美容液洗剤で革に栄養を与えながら洗うので、経年の汚れ、手垢を落とすと共に、大切なバッグの寿命が延びます。

店舗のご案内

価格(税抜)

  スタンダードコース(超音波洗浄) デリケートコース(手洗い洗浄)
  スタンダード デラックス スペシャル スタンダード デラックス スペシャル
Sサイズ ¥3,000 ¥4,000 ¥5,000 ¥5,000 ¥6,000 ¥7,000
Mサイズ ¥6,000 ¥8,000 ¥10,000 ¥8,000 ¥10,000 ¥12,000
Lサイズ ¥10,000 ¥13,000 ¥16,000 ¥12,000 ¥15,000 ¥18,000
LLサイズ ¥14,000 ¥18,000 ¥22,000 ¥16,000 ¥20,000 ¥24,000
  • スタンダードコース…角擦れ・パイピング補修を行います。
  • デラックスコース…片面程度の傷擦れ補修を行います。
  • スペシャルコース…全体の傷擦れ補修を行います。

シミになりやすい革、革底や柔らかい革、傷つきやすい革等を使用された靴は、デリケート洗浄させていただきます。また、痛み具合や劣化状況によりデリケート洗浄になる場合がございます。

各サイズ幅が15cm以上ある物は、サイズ変更の可能性がございます。

特別素材(エナメル・ガラス素材・起毛・爬虫類・ナイロン地・キャンバス・メッシュ)は、¥2,000~加算となる場合がございます。

激しい汚れ(カビ等)がある場合は、¥1,000~加算となる場合がございます。

  既定
Sサイズ 横+高さ=35cmまで、ポーチ/財布/ベルト等
Mサイズ 横+高さ=60cmまで
Lサイズ 横+高さ=85cmまで
LLサイズ Lサイズ以上

バッグクリーニングサイズ

ビフォーアフター(スタンダードコース)

BEFORE

AFTER

  • スタンダードコース…特殊洗剤・オゾン水を使用し靴を丸洗いし、汚れや・汗を取り除きます。目に見えない雑菌等を取り除くことが可能です。乾燥後、角の擦れやパイピング(ふち)の擦れの補色をいたします。
  • デラックスコース…クリーニング後、バッグの片面程度を色調整いたします。
  • スペシャルコース…クリーニング後、バッグ全体を色調整いたします。

作業工程

  • 作業工程1内・外側のホコリを取り除きます。
  • 作業工程2洗剤で汚れを落とします。
  • 作業工程3オゾン水で除菌・消臭します。
  • 作業工程4形成をし、乾燥させます。

こんなことができます

擦れ・色落ちの補修もできます

擦れや色落ちしてしまったお気に入りのバッグをクリーニングし、元に近い状態に戻します。詳しくはお近くの店舗へご相談ください。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください

革製バッグの汚れ写真

素材の特質上、下記に該当する素材を使用した靴の補色はいたしかねます。あらかじめご了承願います。
布地/キャンバス地/サテン/ナイロン/スパンコール/ビーズ/エナメル/ガラス/ワニ・トカゲ・蛇等爬虫類素材/合皮
詳しくはお近くの店舗へご相談ください。

お得な割引&クーポン

  • 10%OFFバリューセット
  • ピンヒールチケット
  • 子供割&学割

バッグクリーニングをご利用されたお客様の声

バッグクリーニングに関するよくあるご質問

財布もクリーニングできますか?
クリーニングは可能です。ただし、財布の内側部分の補色はできません。また商品によっては、折れ曲がる箇所は色がスレやすくなります。
バッグに付いたカビは取れますか?
奥深くまで浸透しているカビを完全に除去することは難しいですが、表面的なカビは除去することが可能です。カビの黒や赤い跡は残りやすいので、クリーニング+補色をおすすめします。靴専科では、除菌・消臭効果の高いオゾン水を使用していますので、カビの嫌な臭いも軽減されます。
ブランド品のバッグもクリーニングできますか?
ブランドにかかわらず、クリーニングすることは可能です。ブランド品の商品は、シミになりやすく、傷つきやすいデリケートな革を使用していますので、デリケートコースでクリーニングいたします。
どんな素材のバッグでもクリーニングできますか?
ナイロン、キャンパス地、スエードなど、どんな素材でもクリーニングを行なうことは可能です。ただし、素材によっては色の補修ができないものもあり、汚れが残ってしまう場合もあります。詳しくは、店舗スタッフにお尋ねください。

その他のよくあるご質問はこちら