靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

  • フランチャイズ募集
  • 店舗を探す
  • 靴専科Facebook

メンズハーフソール(すべり止め補強)

メンズハーフソール(すべり止め補強)写真

擦り減ったソールをそのままにしておくと
滑りやすくなり、また靴の寿命が短くなります。
擦り減る前にソールをゴム・革にて補強できます。
新品の状態でソールを張るのがおすすめです。

修理内容

紳士靴の靴底は特殊な縫いでソールを固定しています。そのままの状態で履いていると糸が切れてしまい、ソールが剥がれる原因になりますので、靴底が減る前にすべり止め加工を行う事をおすすめします。

極端に履きすぎている靴は高さを戻す修理ができます。

ソールを縫っている糸が切れている場合、縫い直す事が可能です。

修理箇所の説明

価格(税抜)

ラバー
¥3,000~(黒・茶・ベージュ)
¥4,500(茶・濃い茶・ニュートラル)

ビフォーアフター

BEFORE

AFTER

滑りやすい革底や減り防止を軽減させるために新しいハーフーソールを取り付けます。新品の状態からハーフソール(すべり止め補強)を取り付けることをおすすめします。

作業工程

  • 作業工程1ゴムを貼る部分の靴底と材料が付きやすくするように土台を削り、加工します。
  • 作業工程2靴底を削った部分に強力な接着剤を塗り、新しいゴムを貼ります。
  • 作業工程3張り付けたゴムを靴の形に合わせてカットします。
  • 作業工程4靴の本体に合わせて加工し、形成を行います。

こんなことができます

ハーフソール(すべり止め補強)のご利用方法

靴専科の交換ゴムは滑り止め加工されておりますので、滑り止めとしてもご利用いただけます。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください

メンズハーフソール(すべり止め補強)写真