靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

  • フランチャイズ募集
  • 店舗を探す
  • 靴専科Facebook

バッグクリーニング

革製バッグ、スエードバッグ、布製バッグ、小物クリーニングを中心に各種バッグを取り扱っています。

店舗のご案内

キャンペーン

  • 革製バッグの汚れ革本来の質感を保ちながら、表側、内側等のクリーニングができ、クリーニング後、傷や色落ちした部分を全体の色に合わせ、お色を入れることができます。
  • スエードバッグの汚れ革本来の質感を保ちながら、表側、内側等のクリーニングができ、クリーニング後、ブラッシングを行い最後に防水スプレーで仕上げます。
  • 布製バッグの汚れ洋服を洗う感覚でクリーニングを行います、日焼け等の色の変色は、落とせないことがありますが、通常の汚れは落とすことができます(素材、汚れのつき方によって、取り除けないものもあります)。
  • 小物クリーニングバッグクリーニングと同様に汚れを落とし、素材によってお色を入れることができます。

バッグの修理はこちら

お得な割引&クーポン

  • 10%OFFバリューセット
  • ピンヒールチケット
  • 子供割&学割

バッグクリーニングをご利用されたお客様の声

バッグクリーニングに関するよくあるご質問

財布もクリーニングできますか?
クリーニングは可能です。ただし、財布の内側部分の補色はできません。また商品によっては、折れ曲がる箇所は色がスレやすくなります。
バッグに付いたカビは取れますか?
奥深くまで浸透しているカビを完全に除去することは難しいですが、表面的なカビは除去することが可能です。カビの黒や赤い跡は残りやすいので、クリーニング+補色をおすすめします。靴専科では、除菌・消臭効果の高いオゾン水を使用していますので、カビの嫌な臭いも軽減されます。
ブランド品のバッグもクリーニングできますか?
ブランドにかかわらず、クリーニングすることは可能です。ブランド品の商品は、シミになりやすく、傷つきやすいデリケートな革を使用していますので、デリケートコースでクリーニングいたします。
どんな素材のバッグでもクリーニングできますか?
ナイロン、キャンパス地、スエードなど、どんな素材でもクリーニングを行なうことは可能です。ただし、素材によっては色の補修ができないものもあり、汚れが残ってしまう場合もあります。詳しくは、店舗スタッフにお尋ねください。

その他のよくあるご質問はこちら