靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科にお任せください。

  • フランチャイズ募集
  • 店舗を探す
  • 靴専科Facebook

レディースかかとゴム交換

レディースかかとゴム交換写真

長く履いているとヒールのゴムまで
削れてしまいますが、ゴムが擦り減る前に
交換するのがベストです。
バランス良くヒールを修理することができます。

修理内容

擦り減ってしまったかかとのゴムを、新しいゴムに交換します。靴専科では、様々な材料を取り扱っていますので、お客様の要望に合わせた交換が可能になります。

ヒールの大きい靴であれば、本体まで減ってしまった高さを戻す事が可能です。

店舗のご案内

修理箇所の説明

ピンヒール

ピンヒール

価格(税抜)

ピンヒール
¥1,200

色:黒・ベージュ

ビフォーアフター

BEFORE

AFTER

擦り減ったゴムを新しいゴムに交換します。ヒール本体まで擦り減ってしまう前に交換することをオススメします。

作業工程

  • 作業工程1グラインダーを使用し、左右のヒールの高さを整えます。
  • 作業工程2数十種類のゴムの中から形に適した材料を選び、ハンマーを使用し新しいゴムを取り付けます。
  • 作業工程3取り付けたゴムを専用の機械で本体の形に合わせて加工を行います。
  • 作業工程4減ってしまったゴムが蘇ります。

こんなことができます

ピンヒール交換のタイミング

履きすぎてしまったものに関しては、高さを低くしなければいけないというデメリットがあります。金具が見える手前で交換することが大切な靴を長持ちさせる秘訣となります。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください

ピンヒール

かかとゴム交換

かかとゴム交換

価格(税抜)

かかとゴム交換(小)
¥1,500(3cm×3cm)
かかとゴム交換(中)
¥1,800(5cm×5cm)
かかとゴム交換(大)
¥2,300~(5cm~×5cm~)

色:黒・茶・ベージュ
土台の高さを戻す修理:¥600~

ビフォーアフター

BEFORE

AFTER

擦り減ったゴムを新しいゴムに交換します。ヒール本体まで擦り減ってしまう前に交換することをオススメします。

作業工程

  • 作業工程1グラインダーを使用し、左右のヒールの高さを整えます。
    ※かかとの面積が大きいヒールは高さを戻す事も可能です(有料)。
  • 作業工程2ヒールの面積に合わせて材料を選び、接着剤を使用してヒール部分に材料を取り付けます。その後、ゴムが外れないように釘を使用してしっかりと固定を行います。
  • 作業工程3取り付けたゴムを専用の機械で本体の形に合わせて加工を行います。
  • 作業工程4減ってしまったゴムが蘇ります。

こんなことができます

かかとゴム交換のタイミング

ヒール本体が見えるまで履いてしまうと、元の高さを低くしなければいけないというデメリットがあります。ヒールゴムが擦り切れる前に交換することが、大切な靴を長持ちさせる秘訣となります。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください

かかとゴム交換

コーナーハーフ

コーナーハーフ

価格(税抜)

コーナーハーフ
¥2,300〜

ゴム・スポンジ
土台の高さを戻す修理:¥600~

ビフォーアフター

BEFORE

AFTER

擦り減った本体を斜めに削り、斜めの材料を張り付け平らに形成します。

つなぎ目が残ります。

作業工程

  • 作業工程1グラインダーを使用し、かかとの減り具合に合わせて本体を斜めに削ります。
  • 作業工程2かかとの減り具合に合わせた斜めの材料を使用し、接着剤でしっかりと固定していきます。
  • 作業工程3取り付けたゴムを専用の機械で本体の形に合わせて加工を行います。
  • 作業工程4継ぎ目ができますが、減っている部分の高さが戻りますので、また履けるようになります。

こんなことができます

コーナーハーフ取り換えの目安

ウォーキングシューズ・スニーカー系の一体型でできているソールを部分的に修理することが可能です。斜めに減っている箇所を専用の材料で平らにすることができます。

詳しくはお近くの店舗へご相談ください

コーナーハーフ

ピンヒールのかかとゴム交換で、靴・パンプスを長く愛用できます

早めの交換がオススメです!

ピンヒールの先端部分は先が細く体重がかかりやすいため、履くたびに消耗が進む傷みやすい箇所です。先端部分はゴムでできているため、重心のかけ方やアスファルトとの摩擦により、不規則に擦り減っていきます。その状態で放置してしまうと、歩く姿勢に影響が出たり靴・パンプス全体の劣化に繋がる等、思わぬ弊害が発生しますので、早めの交換をオススメします。

ピンヒールのゴムは金属のピンを通してヒールに装着されており、消耗が激しくなると金属部分が出てきてしまう場合もあります。歩いている際、カチカチやカンカンなど金属音が聞こえてきたら、交換時期です。修理自体の工程は複雑ではなく、時間もかかりません。擦り減ってしまったゴムを新しいゴムに交換する作業を行います。

交換は、金属が露出する前に

まずグラインダーという機械を使用し、ヒールと接地面とのバランスを調整します。バランスが取れたら、新しいゴムを取り付けていきます。ゴムの種類も様々ありますので、ヒール本体との相性とご要望に合わせて選択します。その後、再度グラインダーを使用し、整えていきます。ゴムを交換することで、歩くときのバランスが保たれるほか、滑りにくくなるメリットもあります。

注意して欲しい点は、あまりにもゴムの消耗が激しいと、中に埋まっているピンまで傷んでしまうことです。その場合は、ヒール自体を交換する必要がありますので、ご注意ください。金属が露出する前に交換することで、愛用の靴・パンプスを長期間ご利用いただけます。

お得な割引&クーポン

  • 10%OFFバリューセット
  • ピンヒールチケット
  • 子供割&学割

靴修理をご利用されたお客様の声

とても丁寧に対応してもらいました
「藤が丘店」ご利用のお客様の声
とてもありがたく思っています
「東三国店」ご利用のお客様の声
とても安心できるお店でした
「仙台泉中央セルバ店」ご利用のお客様の声
満足出来る技術でびっくりしました
「新宿中井店」ご利用のお客様の声

その他のお客様の声はこちら

靴修理に関するよくあるご質問

カカトの修理はどのくらいの時間でできますか?
ピンヒールですとその場で対応させていただきます。それ以外のカカトの修理ですと、接着に時間をかけさせていただくため、翌日以降のお渡しになります。できるだけお客様のご要望にお応えしますので、店舗スタッフへご相談ください。
新しい革底の靴を購入したが、滑るので何かできませんか?
ハーフソールという修理をおすすめします。靴の前の方に薄いラバーを張ることで、革底が滑らなくなり、さらに革底をラバーが保護するため、より長く靴を履くことができるようになります。
ウォーキングシューズの減ったカカトも修理できますか?
修理可能です。ウォーキングシューズのようなソールとカカトが一体の靴は、コーナーハーフという修理で対応させていただきます。減ってしまったカカトに同じような素材を継ぎ足す修理になります。
靴底全体を張り替えることもできますか?
修理可能です。紳士靴・婦人靴ともにオールソールという修理で対応いたします。素材は革・ラバー・スポンジ等、種類を用意しております。納期や素材など店舗スタッフへご相談ください。

その他のよくあるご質問はこちら