革靴をピカピカにする靴磨きのコツ~基本編~


靴磨き

靴の日頃のお手入れとして、靴磨きに興味を持っている方は多いのではないでしょうか? 靴磨きは靴をキレイにするだけではなく、革に栄養を与えて靴の寿命を伸ばすことができる大切なメンテナンスです。そこで、今回は簡単にできる靴磨きの基本的な方法をご紹介いたします。

靴磨きの方法

靴磨きセット

【用意するもの】

  • クリーナー
  • ウエス(古いTシャツでもOK)
  • ブリストルブラシ(豚毛ブラシ)
  • サフィールビーズワックス
  • サフィールアプライブラシ
  • ホースブラシ(馬毛ブラシ)
  • ポリッシュコットン(靴専科オリジナル)

①汚れを取り除く

靴磨き

靴を長く履いていると、汚れやホコリ、泥など様々な物が付着してしまいます。また、古いワックスが残っている場合もあります。汚れたままの靴にワックスをかけても効果が半減してしまうため、まずは靴に付いた不純物を取り除きましょう。クリーニングをしっかりやっておくことで、磨いた後の輝きも違ってきます。

まずは、ウエス(古いTシャツ)にクリーナーを付けて、靴の汚れを丁寧に取りましょう。その際、シミになるかどうかを目立たない部分でテストしてから行ってください。

②少量のワックスを全体に塗る

靴磨き

アプライブラシを使って、靴全体に少量のワックスを塗ります。このときも、目立たない部分でシミにならないかテストしてから行いましょう。ワックスは、靴の色よりも若干薄い色を使うと、キズによる色落ちもカバーすることができます。

③全体に薄く塗り広げていく

靴磨き

ブリストルブラシを使って、アプライブラシで塗ったワックスを全体に薄く塗り広げていきます。

④光沢を出す

靴磨き

ホースブラシを使って、全体に塗り広げたワックスの光沢を出していきます。

⑤仕上げ

靴磨き

ポリッシュコットンを使って最後の仕上げを行うと、光沢がさらに増します。

靴磨きは靴専科にお任せ!

靴磨き

靴磨きの後に軽くホースブラシでホコリを取っていただくと、輝きが長持ちします。靴を履く頻度や状態にもよりますが、月に1回ぐらいの頻度で磨けば、靴に潤いが戻り、寿命も長くなります。

ただ、時間が無い方や面倒だと思ってしまう方は、靴磨きのプロに任せてみませんか? 靴修理・クリーニングのプロである靴専科なら、匠の技術で靴をピカピカに仕上げます。

足元がキレイだと、気持ち良く歩くことができますよね? 定期的に靴磨きをして、大切な靴を汚れから守りましょう。

【靴磨きサービス】
価格:¥900~(税抜)
納期目安:当日(約30分)

靴磨きの詳細はこちら

店舗のご案内

こちらの記事もおすすめ