革靴をピカピカにする靴磨きのコツ~鏡面磨き編~


鏡面磨きBefore After

靴磨きの基本編に続き、今回は応用編として鏡面磨きの方法をご紹介いたします。鏡面磨きとは、つま先部分やかかと部分がまるで鏡のように光る磨き方のことです。 通常の靴磨きでも十分光沢は出ますが、 鏡面磨きをすることにより、大切な靴がさらに輝いて高級感が出ます!

鏡面磨きの方法

鏡面磨き用の道具

【用意するもの】

  • サフィールビーズワックスポリッシュ
  • ポリッシュコットン

①汚れを取り除く

靴磨き

下処理がとても重要になりますので、 基本編でご紹介した工程を参考にしていただき、靴の汚れを落とします。

②道具を用意する

鏡面磨きに使う水とサフィールビーズワックスポリッシュ

小さい皿などに水を少し入れておきます。靴を磨く際に使用するサフィールビーズワックスポリッシュは、蓋を開けておき、少し乾燥させた方が使いやすいです。

③下地を作る

鏡面磨き

サフィールビーズワックスポリッシュを指で薄く塗り、下地を作ります。

④膜を作る

鏡面磨き

指先に少量の水を付けて、円を描くように下地を塗り広げていきます。その後、ポリッシュコットンにサフィールビーズワックスポリッシュを少し付けて、円を描くように膜を作ります。この工程を繰り返し行い、鏡のような光沢が出るまで仕上げていきます。

鏡面磨きは靴専科にお任せ!

鏡面磨き

鏡面磨きは元々、つま先やかかとをキズから保護するためのものでした。靴がピカピカに美しくなってキズが付きにくくなるメリットがありますが、実はデメリットもあります。革表面にワックスの膜を作るため、革の呼吸(通気)が悪くなります。鏡面磨きを3回程度行ったら、1度ワックスをクリーナー等で取り除いて革の呼吸(通気)を良くしましょう。

鏡面磨きはプロが行っても、非常に時間や手間がかかる磨き方です。また、キズが付いてしまった靴に鏡面磨きをするのは、プロでも難しいです。鏡面磨きを初めて行う際は、靴を購入してすぐにやることをオススメします。

鏡面磨きをプロにお願いしたい場合は、靴修理・クリーニングのプロ・靴専科にお任せください! 長年培ってきた経験と技術力で、格段に美しく仕上げます。新品以上に靴が輝く鏡面仕上げを、ぜひ試してみてください。

【鏡面磨きサービス】
価格:¥1,600~(税抜)
納期目安:当日~(約1時間)

靴磨きの詳細はこちら

店舗のご案内

こちらの記事もおすすめ