擦り減ったダイナイトソールの交換・修理


今回ご紹介する事例はダイナイトソールのスエード靴。

イギリス発祥、100年以上の歴史を持つダイナイトソールは履き心地、耐久性に優れ、カジュアルでもフォーマルでも合わせやすい特徴から、非常に人気の高いソールです。

お客様が先輩上司からもらったという思い入れの強い靴で、 永く大切に使用するために修理をしたいとご来店してくださいました。

直るのか心配だったと言う靴の状態は、ダイナイトソールの靴底は全体的に擦り減り始め、 ソールを縫っている糸も切れている。さらに、内側の革が破れが……。

修理前のダイナイトソールのスエード靴
【Before】ダイナイトソールのスエード靴
すり減ったソール、革の破れ
左)すり減ったソール  右)革の破れ

【対応メニューと納期】
・靴底全交換(ダイナイトソール)¥18,000(税抜)
・内側の補強¥1,800(税抜)
・納期目安:3週間

かなり使用感の強い状態でしたが、オリジナルと同じように仕上がるように、一つひとつのパーツを丁寧に分解。外見からは見極めができない、内側のコルク(クッション材)も交換します。

ダイナイトソールを張り終えたら、グッドイヤー専用ミシンで靴底に縫いを入れます。縫い位置が見えないため、機械の設定と長年の経験を元に丁寧に縫い合わせます。その後、カカト本体の取付を行い、靴にキズを付けないよう丁寧に削っていきます。


そして3週間後……。

修理後のダイナイトソールのスエード靴
【After】ダイナイトソールのスエード靴
ソールの交換、革の破れ修理
左)ソール交換  右)革の破れ修理

依頼人は、靴の仕上がりを見て驚きの表情。すり減っていたダイナイトソールはもちろん、内側の穴も丁寧に修復されてることに大変ご満足いただけたようです。

ダイナイトソールの靴は雨の日にも適しており、耐久性も強いことから、つい履きっぱなしでメンテナンスを怠ってしまいがちです。

定期的に修理・手入れをすることで長く愛用できるので、お気に入りの靴はぜひこまめにメンテナンスをしてあげてください。

修理後のダイナイトソールのスエード靴

こちらの記事もおすすめ