【YANKO】ハーフソール修理とつま先補強


今回ご紹介する事例はスペインの老舗ブランド【YANKO】です。

この靴は依頼者がスペイン旅行の際に一目ぼれして購入した靴だそうです。日本に戻ってから、一度靴底の補強の為ハーフソールという修理を依頼したのですが、日常の使用とともにつま先が剥がれてしまいました。

ハーフソールの修理はとても気に入っており、貼り付け部分の形も絶妙で依頼者もお気に入り1足。今回は改めて靴専科へ修理の依頼に来ていただきました。

■YANKOの期限とスペイン靴の特徴
YANKOは1961年にホセ・アルバラデホ氏によってスペインのマヨルカ島に創業されたブランドです。このマヨルカ島はスペイン革靴ブランドの多くが集結し、靴の製造が行われている島としても有名です。

YANKOの起源をたどると、とても古い源流へとたどり着きます。
1890年、アルバラデホ家が同族企業として靴の製造を開始したのが最初で、20世紀中頃まで「Sanson’s」というブランドを運営していたそうです。

そのように考えるとおおよそ130年近くに渡り、アルバラデホ一家は靴の製造を続けていたという事がお分かりいただけるかと思います。

YANKOは当初よりイギリス靴的な靴作りを心掛けており、半世紀以上に渡ってグットイヤーウェルト製法で靴を作り続けてきました。底材から木型までを自社生産しています。

スペインという国は、イギリスとイタリアの間に挟まれたところに位置しますので、スペインの靴ブランドは作りはイギリス的なグッドイヤーウェルト製法ながら、イタリアのような色鮮やかな手染めの手法が加わったり、シャープなシルエットで、ラテンの気質が感じられる靴を作るところが多いですが、YANKOはほぼ全てイギリス靴風味の靴になっているといえます。

【Before】YANKO つま先の剥がれ
左)すり減った靴底 右)つま先部分の剥がれ

【対応メニューと納期】
・ハーフソールメンズ¥3,000(税抜)
・納期目安:当日~中2日

【職人の拘りポイント】
靴を長持ちさせるためにも、新品で購入した際は 薄いゴムをソールに貼ることをおすすめしています。また、革底は駅の改札口や雨の日には非常に滑りやすいので、ゴムソールを貼ることは滑り止め効果も期待できる修理方法になります。

今回はお客様の要望もありゴムのつなぎ目をカモメの形ににせて加工しています。この加工は高級靴などに非常に多いのですが、半カラス仕上という技法に似せた方法です!

さらに、今回のお客様はつま先をぶつけやすいとの事でしたので、少し不格好ではございますがつま先に極小の釘で剥がれないように固定しました!


そして数日後・・・・

【After】YANKO ハーフソール修理
つま先部分
左)靴底 右)つま先部分の補強

いつも通りの安定した仕上がりにご納得いただきました!

さらに今回は靴磨きの方法をレクチャーさせていただいたので、週末にご自身で靴磨きに挑戦してみたいとのことです。

皆様も普段のメンテナンス方法などもお気軽にご相談ください!


こちらの記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA